<< <ひき逃げ>91歳男を逮捕 女性はね重傷負わせ逃走 熊本(毎日新聞) | main | 男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人−千葉地検(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


四国南西部で「ゆっくり滑り」=大地震のリスク小さく−国土地理院(時事通信)

 国土地理院は5日、四国の南西部(愛媛、高知両県西端)から豊後水道にかけての地下20〜30キロで、プレート境界がゆっくり滑る「スロースリップ現象」が昨年秋から起きていると発表した。全地球測位システム(GPS)を利用した電子基準点の観測で判明した。
 同現象は1997〜98年と2003〜04年にも数カ月ずつ発生。この現象が起きると、大地震のリスクが小さくなると考えられるという。
 四国南部周辺の地下では、海側プレートが陸側プレートの下に沈み込み続けている。このプレート境界が固まり、エネルギーが長年たまってから一気に滑ると、南海地震のような大地震となる。逆に、ゆっくり滑ってエネルギーが徐々に解放されると、大地震が起きにくくなる。
 過去2回のスロースリップの際には、プレート境界が最大約20センチずつ滑り、解放されたエネルギーはマグニチュード(M)7.0相当と推定された。今回の滑り量はまだ約4センチで、M6.3相当とみられ、しばらく続く可能性があるという。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
三菱マ、チリ大地震で義援金20万ドル

トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
自宅のゴミの山に…母の遺体1年間放置 41歳「年金ほしさ」(産経新聞)
<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
リンゴやミカン、果物の押し売り被害増加(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 19:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
携帯ホームページ
無料ホームページ
借金整理
競馬サイト
クレジットカード現金化
2ショットチャット
探偵社
selected entries
archives
recent comment
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    みっくみく (08/26)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    へらちゅう (05/27)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    志波康之 (01/18)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    道隆 (01/05)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    機関棒 (11/27)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ゆきぴこ (11/13)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    マクレーン (11/10)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM