スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)

 交通違反で摘発されたことに腹を立て、交番に爆竹を投げつけたとして、岐阜県警岐阜中署は8日、岐阜市平河町、無職浜地加奈(21)、同市鏡島、同糸瀬美香(20)両容疑者を公務執行妨害の疑いで逮捕した。

 浜地容疑者は今月初め、同市内で車を運転中、免許不携帯で摘発されており、調べに対し、「腹いせでやった」と供述しているという。

 発表によると、2人は7日午後3時40分頃、浜地容疑者の乗用車で同市鏡島の岐阜中署鏡島交番に乗り付け、建物の外から、火の付いた爆竹10本を投げつけ、交番相談員(61)の公務を妨害した疑い。相談員にけがはなかった。

介護用品で死亡事故2件(医療介護CBニュース)
<シャッター・カルテル>大手3社に課徴金など命令…公取委(毎日新聞)
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)
父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
<八街強殺放火>47歳男を起訴 15歳長女は家裁送致(毎日新聞)

社民に閣外協力要請の考え…民主・輿石参院会長(読売新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は6日のNHKの番組で、連立政権を離脱した社民党に対し、閣外協力を求める考えを示した。

 輿石氏は「社民党とはこれまで一緒にやってきた。今後も閣外協力という形で、選挙協力を含めて考えていかなければならない。(社民党の協力がないと)参院では1票の差で法案が成立したり、しなかったりする」と述べた。

 これに対し、社民党の福島党首は同じ番組で、「野党だから閣外協力は考えていない」と語った。ただ、今国会で審議中の労働者派遣法改正案と郵政改革法案については成立に協力する考えも示した。

社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索(産経新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
民主党 幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性も(毎日新聞)
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
戦没者慰霊の拝礼式 東京・千鳥ケ淵戦没者墓苑 (産経新聞)

<雑記帳>眺め好評で非常階段を一般開放 神戸ポートタワー(毎日新聞)

 神戸市中央区の神戸ポートタワーで30日、非常階段340段が一般開放される。展望台部分など屋内部分と合わせ最上階まで計476段を上り切れば証明書が贈られる。

 4月末のリニューアルで観光客が増加し、5月の連休はエレベーターが大混雑。急きょ非常階段を開放したところ「潮風が気持ちいい」などと好評だったため、企画した。

 一日限りの試み。最上階まで90メートルあり、管理する神戸港振興協会は「眺めは特別」とPR。エレベーター乗り換え不可。運動不足のお父さんは子どもに負けないようご注意!【近藤諭】

【関連ニュース】
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
神戸ポートタワー:イルミネーション、色でイメージ発信 /兵庫

生活費なくなるたび…プリンターで偽1万円札(読売新聞)
【集う】イラクに散ったジャーナリスト故・橋田信介氏を偲ぶ「タンポポ忌」(産経新聞)
<花火>「天日干し」で仕上げ 愛知・豊橋(毎日新聞)
「燃えるような激しい痛み」 失明の恐怖に襲われた証人 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
「篤姫」出演の俳優が幼稚園に放火(スポーツ報知)

<日米安保>単独での防衛よりコストはるかに低い…鳩山首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、今年改定50周年を迎えた日米安保条約について「(日本)単独で自衛を考えた時のコストに比べれば、はるかに低くなっているのは当然の事実だ。日米安保の下で経済が発展してきた。日米同盟をこれからも深化させていきたい」と意義を強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連ニュース】
普天間移設:米国務次官補が外務省局長と意見交換
核密約:岡田外相、佐世保で謝罪
日米行政協定:米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」
郵便事業会社:日米安保50周年記念切手を発行 来月に
密約開示判決:「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調

時効成立事件で暴力団関係者逮捕 警視庁が釈放(産経新聞)
EPAに基づく事業そのものに「懸念」−省内仕分け(医療介護CBニュース)
参院比例に江本氏擁立へ=国民新(時事通信)
小沢幹事長不起訴へ…石川議員「了承得た」(読売新聞)
<殺人>友人刺殺容疑で24歳男を逮捕 仙台(毎日新聞)

12歳少女が首つり死亡=公園トイレ内−東京(時事通信)

 12日午前11時45分ごろ、東京都文京区向丘の公園にある公衆トイレ内で、「中学生ぐらいの少女が首をつっている」と通報があった。東京消防庁によると、少女は12歳で、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
 警視庁駒込署が詳しい状況を調べている。 

【関連ニュース】
自衛官自殺偽装で5人起訴=元保険会社の妻が殺害依頼
体持ち上げ、つるしたロープに=自衛官の自殺偽装事件
保険金、容疑者で分け合う=妻が受取人、1億数千万円
首つり偽装で夫殺害=容疑で妻ら逮捕、保険金目的か
男性被告が首つり自殺=山口刑務所

大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
客引き容疑で中国人2人逮捕=苦情受けカメラ設置し特定−警視庁(時事通信)
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく(産経新聞)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)

コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)

 福岡県と県内各市が購入したコピー用紙の単価に、最大2・5倍の開きがあることが分かった。

 高価格で購入している自治体は、入札で特定商品を指定していた。識者は「競争原理が失われ、税金が不合理に使われている」として改善を求めている。

 読売新聞が県と県内全28市に対し、2008年度のコピー用紙の購入状況を取材した。

 官公庁のコピー用紙の使用量は多く、福岡市の08年度の発注量は、A4サイズだけで1億6500万枚に上った。多くの自治体が地元業者だけで入札を行ったり、複数業者から見積もりを取ったりして納入業者を決定。08年度の購入価格は4市が1箱(A4、2500枚)1500円台だった一方、6市が2000円を超えるなど、ばらつきがあった。

 最も高いのは筑紫野市で、県と28市の平均(1箱1885円)の2倍以上の3801円だった。同市の同年度の購入総額は579万円で、最も安い福岡市(同1508円)と同額なら、350万円安かった。

 筑紫野市は、各部の代表ら8人でつくる「用品選定委員会」が発注する用紙を特定の商品に限定。市内外の8社で指名競争入札を行った。09年度も同じ業者が入札し、3885円と高額だった。同市管財課によると、購入用紙の原料は適切に管理された森林の木材で、環境に配慮しているという。同課は「コピー機が故障しないよう、品質面もシビアに評価した」としている。

 3番目に高い行橋市(同2940円)も特定用紙を指定し、市内3業者に見積もりを出させ、安い業者と契約した。同市財政課は用紙を指定した理由について「(庁舎で使用している)コピー機の管理会社の要望」としている。

 一方、最も安い福岡市は古紙の配合率と白色度についての条件だけを課した。2番目に安い大牟田市(同1517円)の要件も「環境に配慮した紙の認定」だけ。ある市の担当者は「日本の紙は質が高く、紙詰まりが多発することはない」と話している。

 入札制度に詳しい桐蔭横浜大法科大学院の鈴木満教授(経済法)は「商品を特定すると、扱えない業者が出て競争原理が働きにくい。民間では、用紙の特定などしない。不合理なやり方はやめるべきだ」と指摘。

 市民オンブズマン福岡の児嶋研二代表幹事は「品質に多少の違いがあっても、2倍以上の価格差は理解できない。市民の税金を有効に使う意識が欠けている」と高額で購入している自治体を批判している。(坂田元司)

政権に打撃、小沢氏進退再燃=首相に更迭求める−民主渡部氏(時事通信)
IMJ、プロモーション促進ツール「プロモッティ」 提供開始
【思いを託す JR脱線・被害者へ】(1)長女を失った木下建一さん(43)(産経新聞)
「夢あふれる日本」舛添代表で「新党改革」旗揚げ(読売新聞)
石原知事、首相をバッサリ「聡明、決断力のある政治家とは思えない」(産経新聞)

ジオス問い合わせ殺到、相談電話つながらず(読売新聞)

 英会話学校大手ジオスの破産手続きが発表されてから一夜明けた22日、同社が設けた受講者向けの相談電話は問い合わせが殺到してつながらず、各教室も無人で対応できない状態が続いている。

 ジオスが開設したフリーダイヤルは同日午前、「大変込み合っています」というテープ音声が繰り返し流れ、つながらない状態が続いている。また、同社がホームページに掲載している営業部門などの電話番号も、呼び出し音が鳴るだけか、「ただいま電話に出ることができません」というメッセージが流れるだけ。

 国民生活センターには、「フリーダイヤルに問い合わせたがつながらない」との苦情・相談が寄せられ始めているという。

 東京・渋谷区にある同社本社には同日午前、社員数人が現れたが、「私たちも詳しいことは分からない」と繰り返すばかりだった。

 また、都消費生活総合センターにも、「授業料は返金されるのか」との相談が寄せられている。同センターでは、ジオスや消費者庁などと連絡を取るなどして、積極的に情報収集を行っていくという。

 全国329校のうち230校を引き継ぐジー・コミュニケーション(名古屋市)とジオスは22日、ジオスの従業員を対象にした説明会を開いた。ジー社の広報担当者によると、閉鎖される99校も含めたすべての従業員を対象にしているという。2社は、受講生に案内状を発送し、引き継がれる教室などへの来訪と手続きを呼びかけているという。

安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
新幹線 八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)

彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕(産経新聞)

 交際中の女性の気を引こうと強盗事件を装い暴行を加えたとして、大阪府警枚方署は15日、住居侵入と暴行の疑いで、枚方市甲斐田町の関西外大4年、坪倉篤志(21)と吹田市千里山東の関西大4年、足達康宏(21)の両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、両容疑者が共謀して14日午後10時ごろ、枚方市内の私立大学4年の女性(21)宅にカードローン業者を装って侵入、「金を出せ」と脅して女性の口を手でふさぐ暴行を加えたとしている。

 女性と交際中の坪倉容疑者が別れ話を切り出されたため、女性の気を引こうと強盗事件を計画。幼なじみの足達容疑者に犯人役を依頼した。坪倉容疑者は事件後すぐに女性宅に“救出”に駆けつけ、足達容疑者は何も奪わず逃走したという。

 枚方署は当初、強盗未遂事件として捜査。しかし事件後、付近の防犯カメラに両容疑者がそろって歩いている映像が残っていた。

【関連記事】
気を引こうと…図書館長、中傷ビラ「デリヘル出張中」
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
「お前を殺しておれも死ぬ」 復縁断られた男、殺人未遂容疑で逮捕
「連れ子の養育費ほしい」交際相手の祖母への詐欺容疑で女を逮捕
増え続けるDV 「自分はダメ人間、私のせい…」被害意識なく気づかず

略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)

介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)

 青森県は4月13日、介護報酬を不正に請求し、受領していたなどとして、「株式会社わかば」(十和田市)が運営する指定訪問介護事業所「ヘルパーステーションわかば」(同)と、「株式会社K・WEST」(青森市)が運営する指定訪問介護事業所「訪問介護ステーションK・WEST」(弘前市)の介護保険法に基づく指定の取り消しを同日付で行ったと発表した。

 県健康福祉部高齢福祉保険課によると、ヘルパーステーションわかばでは2009年2月から4月までの間、出勤していない訪問介護員が訪問介護を行ったとする虚偽の記録を約1800件作成し、介護報酬約485万円を不正に請求、受領していた。約100人いた利用者は別の事業所に引き継がれているという。

 また、訪問介護ステーションK・WESTでは、08年7月から09年3月までの間に、1人の訪問介護員が複数の利用者の買い物をまとめて行っていたにもかかわらず、利用者ごとにそれぞれの職員が買い物をしていたと偽り、介護報酬約20万円を不正に請求、受領していた。利用者は約15人いたが、別の事業所に移っているという。

 2000年に介護保険制度がスタートして以降、青森県内の介護事業所の指定取り消しは計4件になった。


【関連記事】
高齢者向け施設「たまゆら」の運営NPOが解散
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪
介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分
介護事業所の指定取り消しが過去最多に
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区

少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷−長崎県警(時事通信)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)

<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)

 井上ひさしさんの三女で劇団「こまつ座」社長の井上麻矢さん(42)が11日、劇団事務所(東京都台東区)で会見し、父の“最後の言葉”を明らかにした。「『作品を読んでもらうこと、劇場に足を運んでもらうことが僕の幸せ』と言って旅立ちました」

 麻矢さんによると、井上ひさしさんは、肺がんと診断された直後の昨年11月から、抗がん剤治療を受けた。その治療は終わったものの、体力の消耗が激しくなった今年3月半ば、神奈川県内の病院に再入院。4月9日朝に帰宅したが、夕方に様態が急変した。妻のユリさん(57)、麻矢さん、大学1年生の長男佐介さん(18)の3人に見守られながら、眠るように息を引き取ったという。

 麻矢さんは「親子というのを越えて尊敬できる父でした。井上芝居を継続して上演するよう言いつかっています。こまつ座はその遺志を受け継ぎ、活動を続けていきますので、その姿をみなさまに見守っていただき、一緒に歩いてくださったら」と語った。

 出身地の山形県川西町にある遅筆堂文庫、山形市の劇場シベールアリーナ、中学・高校時代を過ごした仙台市にある仙台文学館、かつて住んでいた千葉県市川市の同市文化会館には11日、記帳台が設けられた。井上さん作「夢の裂け目」を上演中の新国立劇場(東京都渋谷区)も今後、記帳台を置く予定。

【関連ニュース】
【写真で見る】追悼 井上ひさしさん
【死去の一報】井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
特集ワイド:昭和の主人公たち ドン・ガバチョ(2007年8月13日夕刊)
帰りたい:私だけのふるさと 井上ひさしさん(2008年5月8日夕刊)
今、平和を語る:小説家、劇作家 井上ひさしさん(2008年2月4日夕刊)

<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)
衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)
衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)
両陛下、ヨルダン国王と昼食会(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
携帯ホームページ
無料ホームページ
借金整理
競馬サイト
クレジットカード現金化
2ショットチャット
探偵社
selected entries
archives
recent comment
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    みっくみく (08/26)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    へらちゅう (05/27)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    志波康之 (01/18)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    道隆 (01/05)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    機関棒 (11/27)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    ゆきぴこ (11/13)
  • 女2人が交番に爆竹、逮捕…交通違反で逆恨み(読売新聞)
    マクレーン (11/10)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM